マイセン 【ブルーオーキッド・824001】 コーヒーポット 1L・23693:輸入洋食器店アイン  - 9fd3c

2019-08-04

マイセン 【ブルーオーキッド・824001】 コーヒーポット 1L・23693サイズ:1L
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。
すずらんの花姿 と人気です。
花木や蘭を和風にした ジャポニスムの佳作品

ラン科の種はラン(蘭)と総称される。
英語ではオーキッドで、ギリシア語の睾丸を意味するorchisが語源であるが、これはランの塊茎(バルブ)が睾丸に似ていることに由来する。
南極をのぞくすべての大陸の熱帯から亜寒帯に自生する。被子植物の中では最も後に地球上に現れた植物である。被子植物の中で、もっとも種数の多い科となっている。
花は左右対称で、虫媒花の中では特異なほど効率の良い花形を発達させ、特定の昆虫との共進化を見せるものも知られている。また根や種子の発芽では菌類との共生が大きな役割を担う。花の美しさや姿のおもしろさから、多くのものが観賞用とされており、またそのための採集圧から絶滅の危機が問題になっているものも多い。

筧の話 (露草の青い花) 梶井基次郎  忘れられない1節です。
この径を知ってから間もなくの頃、ある期待のために心を緊張させながら、私はこの静けさのなかをことにしばしば歩いた。
私が目ざしてゆくのは杉林の間からいつも氷室から来るような冷気が径へ通っているところだった。
一本の古びた筧がその奥の小暗いなかからおりて来ていた。
耳を澄まして聴くと、幽かなせせらぎの音がそのなかにきこえた。
私の期待はその水音だった。どうしたわけで私の心がそんなものに惹きつけられるのか。
心がわけても静かだったある日、それを聞き澄ましていた私の耳がふとそのなかに不思議な魅惑がこもっているのを知ったのである。
その後 追いおいに気づいていったことなのであるが、この美しい水音を聴いていると、その辺りの風景のなかに変な錯誤が感じられて来るのであった。
香もなく花も貧しい芒蘭がそのところどころに生えているばかりで、杉の根方はどこも暗く湿っぽかった。
そして筧といえばやはりあたりと一帯の古び朽ちたものをその間に横たえているに過ぎないのだった。
「そのなかからだ」と私の理性が信じていても、澄み透った水音にしばらく耳を傾けていると、聴覚と視覚との統一はすぐばらばらになってしまって、変な錯誤の感じとともに、訝かしい魅惑が私の心を充たして来るのだった。
私はそれによく似た感情を、露草の青い花を眼にするとき経験することがある。
草叢の緑とまぎれやすいその青は不思議な惑わしを持っている。
私はそれを、露草の花が青空や海と共通の色を持っているところから起る一種の錯覚だと快く信じているのであるが、見えない水音の醸し出す魅惑はそれにどこか似通っていた。

「課せられているのは永遠の退屈だ。生の幻影は絶望と重なっている」

グロッサー・アウシュニット型
偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
新グロッサー・アウシュニット型に ハインツ・ヴェルナー絵付けによる「アラビアンナイト1001夜」や「ブルーオーキッド」等のヒット作が ここから生まれました。

14世紀に景徳鎮で完成した磁器最終の姿「染付」
素磁に手描きし 釉薬をかけた後に 1400゜Cもの高温で焼き付けます。
この高温に 耐えうる 酸化コバルト(呉須)の ヨーロッパでの調合は ベトガーの見果てぬ夢のまま 亡くなる1719年に いがみ合う2人の高弟 ケラーと シュテルツェルにより マイセンで完了。

東洋伝来の 把手の無いお湯呑は アラブにおいては トルココーヒーカップとして 又 西洋ではティーボールと呼ばれ 紅茶用とされていました。
同柄の深い皿を 飲用器としてセットにする頃 ボールは 茶葉やシュガーを 調合するポットの役割を担うようになりました。
やがて 金属器のマグをヒントに 熱さ避けのハンドルを 付ける様になり 飲用器としてのカップが出来ました。
ティーが王侯貴族にもてはやされ もっと優雅にとの思いから 金属器ジャグから C/Sと同柄の 磁器のポットを創り 貴賓と優雅さに満ちた テーブルマナーを 調えていきました。
後に東洋でも 西洋への輸出用にハンドルC/Sや ポットなどが作られるようになりました。















すずらんの花姿 と人気です。
花木や蘭を和風にした ジャポニスムの佳作品

グロッサー・アウシュニット型
偉大なマンネリズムを 標榜する一方で 20世紀の新風を求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。
新グロッサー・アウシュニット型に ハインツ・ヴェルナー絵付けによる「アラビアンナイト1001夜」や「ブルーオーキッド」等のヒット作が ここから生まれました。

14世紀に景徳鎮で完成した磁器最終の姿「染付」
素磁に手描きし 釉薬をかけた後に 1400゜Cもの高温で焼き付けます。
この高温に 耐えうる 酸化コバルト(呉須)の ヨーロッパでの調合は ベトガーの見果てぬ夢のまま 亡くなる1719年に いがみ合う2人の高弟 ケラーと シュテルツェルにより マイセンで完了。





価格
88,000円 (税込95,040 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと2個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ついて(免責事項)