KORG/ARPODYSSEY-M Rev3:宮地楽器 ミュージックオンライン - 957f6

2019-11-24
カテゴリトップ>キーボード>シンセサイザー/オルガン
KORG/ARPODYSSEY-M Rev3過去と現在をつなぐ、伝説のサウンド。
再びよみがえるアナログ・シンセサイザー・モジュール。


1972年の登場以来、アナログ・シンセサイザーの名機として数多くのミュージシャンに愛され続けてきたARP Odyssey。
そこから40年以上の時を経た2015年、コルグはARP Instruments社の共同創業者であるDavid Friend氏をアドバイザーに迎え、当時の回路を完全再現したARP ODYSSEYを完成させました。
今なおアナログの象徴的サウンドとして羨望を集めるARPの音が、現代のミュージシャンの手に再び戻った瞬間でした。
そこでコルグは、現代におけるARP ODYSSEYの世界をさらに拡大すべく、新たな機種をリリースします。

ARP ODYSSEY Moduleは、完全復刻したアナログ・シンセシス回路をそのままに搭載した、モジュール・タイプのARP ODYSSEYです。
DAWを中心とした現代の音楽制作環境に適合するよう、よりコンパクトにモジュール化。
また2種類のラインナップを揃え、白いRev1、黒×オレンジのRev3という伝統的なデザインを、先進的なテーブルトップ・ボディ上に再現しました。
歴史を飛び超えてここに存在する本物のARPサウンドを、いま再びあなたのものに。

【製品概要】

■机上で存在感を放つ、モジュール・タイプのARP ODYSSEY。
ARP ODYSSEY Moduleは、コルグが復刻したARP ODYSSEYをベースにした、テーブルトップ・タイプのアナログ・シンセサイザー・モジュールです。
キーボード・タイプと全く同じ回路をコンパクトなボディに備え、本物のARP ODYSSEYだけが出せる豊潤なアナログ・サウンドを、より手軽に手に入れることが可能です。

DAWユーザーの方は、ARP ODYSSEY Moduleを導入することで、プラグインでは決して得られない強力なアナログ・サウンドを制作環境に取り入れることができます。
またKORG SQ-1などのシーケンサーと組み合わせてのパフォーマンスも可能です。
さらに鍵盤にこだわりのあるプレイヤーの方であれば、ARP ODYSSEY Moduleとお好きなキーボードをMIDI接続するだけで自由自在に演奏して頂けます。
またARP ODYSSEY Moduleはプレイヤーの方のために、新たにMIDIピッチベンドにも対応しました。

■歴史を物語るRev1、Rev3デザインをラインナップ。
ARP ODYSSEY Moduleは、ARPブランドの最も代表的な黒パネル×オレンジ・シルクのRev3デザインに加え、歴史の始まりを象徴する白パネルのRev1デザインもレギュラー・モデルとしてラインナップ。
またスライダーの特徴的なグリップ形状や、滑らかな操作感、スイッチのレイアウトなど、コンパクトなモジュール・タイプながらオリジナルそのままのレイアウトを完全再現しました。
一方、ボディはモジュール化に伴って新たに設計し直し、40年の歴史に裏打ちされた重みあるサウンドを生み出すにふさわしい、頑強なスチール製の筐体を採用しました。

【主な特徴】

■完全復刻したARP Odysseyの回路が生み出す、真のアナログ・サウンド。
シャープで鋭いサウンド、そして豊富なモジュレーションによる多彩な音色バリエーションを最大の特長とするARP Odyssey。
ARP Instruments社の共同創業者であるDavid Friend氏の監修のもとに完全再現したARP ODYSSEYの回路を、ARP ODYSSEY Moduleにも同じく搭載しました。
モジュール・タイプならではの、ディープな音作りの世界へとユーザーを誘います。

■シンセシス
・2VCO。2音同時に発音するとオシレーターが別々の音程で発音するデュオフォニック仕様。
・ARP Odyssey当時では非常に珍しかったピッチの安定性の高さを、完璧に再現。
・20Hz〜2kHzまでのワイドな可変式ピッチ。
・ピッチ・モジュレーションとパルス・ウィズ・モジュレーションをコントロール可能。
・高域まで倍音が多く、シャープで効きの良いオシレーター・シンク。
・ホワイトとピンク、2種類のノイズ・タイプを備えたノイズ・ジェネレーター。
・強力なLFOを搭載。オシレーターやフィルターのモジュレーション・ソース、またサンプル&ホールドのトリガー・ソースなどに使用可能。
・倍音豊かな金属的サウンドを生み出すリング・モジュレーター。
・特長的なS/H MIXERを装備。オシレーターやノイズ・ジェネレーターをソースに、LFOかキーボードでトリガーすることで非常に簡単にサンプル&ホールド・サウンドを生成可能。
・オリジナルARP Odysseyの生産時期によって異なる、3種類のローパス・フィルター回路を全て搭載。12dB/Octで鋭くパンチの効いたサウンドを作り出すTYPE1(Rev1)、24dB/Octで太い低音が心地良いTYPE2(Rev2)、そしてレゾナンスを上げても非常に効きが安定するTYPE3(Rev3)をスイッチ1つで切り替え可能。
・フィルターに対してもS/H、LFO、ADSR、ARなど多彩なモジュレーション・ソースでモジュレーション可能。
・ローパス・フィルターの後段にハイパス・フィルターを搭載し、さらに幅広い音作りを実現。
・VCAを歪ませ、過激で荒々しいサウンドを生み出す新機能DRIVEスイッチを搭載。
・音を鳴りっぱなしにするVCA GAINスライダーを装備。音作りに最適。
・ADSRタイプとARタイプの2種類を備えたエンベロープ・ジェネレーター。VCAのほか、フィルターやオシレーターのモジュレーションにも使用可能。

■コントロール
・オリジナルのラバー・パッドによるPPC(PROPORTIONAL PITCH CONTROL)を再現。ゴムを指で押し、その押し込む強さによってピッチベンドとビブラートの強さをコントロール可能。
・ポルタメント・スライダーとトランスポーズ・レバーを装備。トランスポーズ・レバーを動かした瞬間にポルタメントが利くかどうかがRev1とRev2/3でそれぞれ異なる、というオリジナルARP Odysseyの仕様をどちらも再現し、スイッチで切り替え可能。

■コネクター
・標準フォーンとXLRによる2種類のオーディオ・アウトプット端子を装備。
・外部オーディオ・インプット端子を搭載し、外部楽器のサウンドを加工することが可能。
・ボリューム調整可能なヘッドホン端子を装備。ヘッドホン端子から外部オーディオ・インプット端子に接続すると、セルフ・フィードバックをかけた強力なサウンドを生成可能。
・アナログ信号を送受信して動かすCV、GATE、TRIG端子を装備。GATE OUT端子からTRIG IN端子に接続するとEGがトリガーしなくなり、レガート奏法が可能に。
・標準サイズとミニ・サイズのパッチ・ケーブルをそれぞれ付属。
・PCやMIDI機器と接続できるMIDIN IN端子とUSB MIDI端子を装備。


 

過去と現在をつなぐ、伝説のサウンド。再びよみがえるアナログ・シンセサイザー・モジュール。【Rev.3/黒】

価格
59,400円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お取り寄せ商品/お問合わせ下さい
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ついて(免責事項)